『斧手のモーガン』を含むコンテンツ

第7話 〝友達〟

ワンピース、第7話 〝友達〟のストーリーのあらすじは、
海軍大佐、斧手のモーガンを倒したルフィとゾロですが、
モーガン大佐を倒すと、海兵たちはルフィたちに向かってくるどころか、

諸手をあげて喜び始めたのでした。

つまり、海兵たちも、単にモーガンが怖くて従っていただけだったのです。


戦い終わって、ルフィとゾロ、そしてコビーは、
あの少女リカの家で食事をご馳走してもらっていました。

これからグランドラインへ向かおうとするルフィとゾロに、
まだ二人しかいないのに、それは無謀だとコビーが心配します。

そんなコビーに、ゾロは、
コビーは別に行くわけではないから関係ないだろうということを言いますが、

コビーは友達として心配だというのです。

そのコビーの言葉に、ルフィも、付き合いは短かったし、
海兵を目指すコビーとはここで別れてしまいますが、


ずっと友達だと答えるのでした。


金棒のアルビダの船で雑用係をさせられていても、
度胸がなくて逃げ出すことも出来なかったコビーですが、
ルフィやゾロの生き方を見て、


「自分の信念に生きる事」を学んだようです。


ところが、ルフィたちが三人で、そんな話をしていると、
リカの家に海兵たちが訪ねてきたのです。

そして、ルフィたちに海賊なのかどうかを聞くと、
ルフィは、仲間も一人できたことだし、
今から海賊だということにすると言います。


つまり、今から海賊なわけですから、
今までコビーと一緒でも、コビーは海賊といたわけではなく、
コビーと一緒だった男が今から海賊になろうとしているわけで、
そこまでルフィはコビーを気遣ったのでした。


ルフィの答えに、海兵は、
海軍基地と町を救ってくれたことには感謝すると言いつつも、
海賊である以上は、海兵として放置できないため、
すぐにこの町を立ち去るようにと命じるのでした。

海兵のこの言葉には、町の人達も怒り出しますが、
ルフィは、素直に従うことにして、ゾロと二人で立ち去ろうとします。


そこで、海兵の目は当然コビーへと向かいます。
コビーも仲間ではないのかと。

しかし、そこでルフィが一芝居をして、
ルフィとコビーが仲間ではないことを海兵たちに示したのでした。


こうして、ルフィたちは町を出て行くことになったのですが、
ルフィたちが去った後、コビーは自分を海軍に入れて欲しいと頼みます。

コビーの申し出を反対する海兵もいましたが、


「ぼくは、海軍将校になる男です!」


と意気込みを語るコビーの心意気を汲んだ海軍中佐が、
コビーの海軍への入隊を許可するのでした。


そして、町から去ろうと港から船出をするルフィとゾロのところに、
コビーがやってきます。
そして、ルフィたちに感謝の言葉を言って敬礼をするのでした。

ルフィも、コビーと「また会おう」と再会を願って別れるのですが、
その後、コビーの背後で、


ルフィたちを追い出した海兵たちが全員でルフィとゾロの船出を見送りながら、
二人に向かって敬礼をするのでした。


こうして、ルフィとゾロは船出をして、コビーは海兵になったのですが、
このとき、ルフィとゾロは重大なミスを犯していることに、
まだ気づいていないのでした。

ここまでが、ワンピース、
第7話 〝友達〟のストーリーのあらすじです。

第6話 〝1人目〟

ワンピース、第6話 〝1人目〟のストーリーのあらすじは、
ゾロが仲間になると言う言葉を聞いて喜ぶルフィですが、
ルフィに銃弾がきかないことがわかった海軍は、

刀で一斉にルフィに襲い掛かります。

ギリギリのところでゾロに刀が渡って、ゾロが自分で縄を切り、
襲い掛かる海兵たちの刃を三刀流で一人で受け止めます。

そして、海兵たちの刀を受け止めたまま余裕でルフィと会話をするのですが、
ゾロが語ったのは、自分の野望でした。


それは、世界一の剣豪になることです。


ですから、ルフィのためにその野望を断念するようなことがあったら、
そのときは、ルフィに腹を切って詫びろと言うのですが、
ルフィもルフィで、


海賊王の仲間なら、世界一の剣豪くらいになってもらわないと困る


と言い返すのでした。

二人にとっての大切な話が終わり、息が合った二人は、
絶妙の連携で、一気に海兵たちを倒してしまいます。


さらには、モーガンのあまりの横暴さに怒ったルフィは、
モーガンへと挑んでいきますが、あの斧手のモーガンをルフィが圧倒します。

海兵たちも驚くほどにルフィは強く、
モーガン大佐を一方的に攻め立てていきます。ルフィの圧勝です。

ところが、モーガンのピンチと思ったヘルメッポが、
コビーを人質にしてルフィを止めようとしますが、
コビーも覚悟が出来ていますから、

「ルフィさんの邪魔をしたくありません。死んでも!」

と、以前とは別人のような言葉を言うのでした。
そうなれば、後は、またしてもルフィとゾロの絶妙な連携で、

モーガン大佐とヘルメッポを倒してしまうのでした。
もちろん、コビーも無事です。

ここまでが、ワンピース、
第6話 〝1人目〟のストーリーのあらすじです。


第4話 海軍大佐〝斧手のモーガン〟

ワンピース、第4話 海軍大佐〝斧手のモーガン〟のストーリーのあらすじは、
モーガンの息子のヘルメッポを怒って殴ったルフィに、
ヘルメッポは、大佐である親父にいいつけて死刑にすると言って去っていきます。

その様子を見ていたあの少女リカは、胸がすっとしたと言うのですが、
町の人達はみな巻き添えになることを怖がって家に隠れてしまいます。

海軍が本格的に動き出すことを心配するコビーをよそに、
ルフィは再びゾロに会いに行きます。
そして、ゾロに「縄をといてやるから仲間になれ」と言うのでした。

しかし、もちろんゾロは断ります。
自分はやりたいことがあるし、好んで海賊なんて外道にはならないと。

そこでルフィが、どうせゾロは世間で悪い賞金稼ぎと言われているため、
別にいいじゃないかと言うと、ゾロは、

「世間でどう言われているかは知らんが、
 おれはおれの信念に後悔するような事は何一つやっていない」

というのでした。
それでも、ルフィは、ゾロの刀をヘルメッポに取り上げられていると聞くと、
ゾロの刀を取り戻すため、一人で海軍基地へと乗り込むのでした。

その頃、海軍では大佐の斧手のモーガンが、
大きな自分の石像を自分の権力の象徴として、
海軍基地の屋上に立たせようとしていました。

そして、ヘルメッポに、
親父にも殴られたことのない自分が殴られたのに、
何故ルフィに仕返しにいかないのか?
と言われて、モーガンは、自分が今までヘルメッポを殴らなかったのは、

ヘルメッポが殴る価値もないウスラバカ息子だったからだと答えます。

そして、少女リカがゾロのところに侵入した件で、
その少女をちゃんと殺したのかと言い出します。
殺していないとわかると、子供でも反逆者に違いないからと、
海軍中尉に向かって殺しに行くように命令します。

相手がまだ幼い少女のため、それは出来ないと中尉が異を唱えると、
中尉もまた反逆者だと自慢の斧手で斬るのでした。

海軍大佐、斧手のモーガンとは、ずいぶんと暴君のようです。

海兵たちに自分の石像をロープで引かせて立たせようとするときも、
石像が少し屋根に触れただけで、怒り出します。
この像をモーガン自身だと思って、傷一本、汚れ一つでさえ反逆だと。

そう言ってモーガンが怒っているところへ、
ルフィが下からゴムゴムの能力を使って飛び上がってきます。

勢い余ったルフィは、止まるために、
モーガンの石像を引いているロープをつかみますが、
そのため、石像はバランスを崩してしまって倒れて、
真っ二つに砕けてしまうのでした。

これには斧手のモーガンは激怒して、ルフィを捕まえるように命令します。

そのとき、磔場では、コビーがゾロを逃がそうとして、
ゾロを縛っている縄をほどこうとしていました。
それが、屋上にいる海兵に見つかってしまい、
コビーは銃撃されてしまうのでした。

ここまでが、ワンピース、
第4話 海軍大佐〝斧手のモーガン〟のストーリーのあらすじです。