『勉強方法』を含むコンテンツ

中学生の勉強のコツとは?!

高校生になると大学受験には難問、奇問も出題されるため、
いわゆる裏技的な勉強法も必要になるのかもしれませんし、
それを高校では勉強の「コツ」と呼ぶのかもしれませんが、


少なくとも中学生の勉強に関しては正攻法の勉強法がベストです!


裏技的なテクニックを使うことなく、正攻法で勉強をして、
そして、基本的な学力の向上をはかることが、中学生には重要です。


しかし、正攻法の勉強法には往々にして大きな問題点があります。


それは、成果が出るまでのスピードが遅くなるということです。
なかなか成績アップが達成出来なければ、どうしても自分の勉強法に疑問を持ったり、
やる気が失せてしまいかねません。


そこで必要になるのが、中学生の勉強に関するコツなのです。


中学生の勉強のコツとは、正攻法の勉強法をして、基本的な学力向上を狙いつつも、
その上で、体系的な方法論によって、その成果の出るスピードを飛躍的にアップする!


正攻法の勉強方法でも驚異的なスピードで成績アップさせる方法をコツと言います。


そもそも「正攻法の勉強法」とは何かという問題もありますが、
中学生の勉強は、コツさえわかれば、数ヶ月で驚くほどの成績アップが可能です。


そして、もちろん、そのために裏技や小手先のテクニックも不要です。


中学生の勉強のコツとは、論理に裏付けされた科学的な方法論であって、
一過性の成績アップを狙うための、まやかしではないことを知っておいて下さい。


裏技での成績アップは一過性で、しかも多少の成績アップしか望めませんが、
本来の意味からの中学生の勉強のコツは、継続的かつ飛躍的な成績アップが可能です。

その点をくれぐれも間違いのないように注意をして下さい。

学力と成績は別物

中学生の勉強法(勉強方法)について考える前に、
勉強の学力と成績が別物であることを理解しておいて下さい。

学力がアップ(向上)すれば成績もアップしますが、
成績がアップしても学力もアップしたとは言いきれないのです。


重要なのは、成績ではなく学力のアップ(向上)のほうです。


成績という点だけを考えれば、テストで良い点数が取れれば成績アップします。
しかし、テストで良い点数を取るだけなら学力をアップさせなくても出来てしまいます。

この点が、大きな問題点なのです。

世間では「勉強のコツ」と称して、裏技的な勉強法を指導する人たちがいますが、
このような邪道とも言える勉強法は、
高校生になってからや大人になってから弊害をもたらしてしまいます。


わかりやすく説明するならば、仮に記憶力だけでもある程度アップさせれば、
中学生の勉強ならば5教科すべてにおいて、それなりに良い点数が取れてしまいます。

しかし、このような勉強方法では学力のうち記憶力が良くなるだけで、
他の学力である理解力や思考力などは良くなりません。

このような偏った勉強法は一過性の成績アップは出来ても、
中学生の途中から伸び悩んでしまったり、高校生になってから苦労してしまうのです。


それでは、何故このような弊害のある勉強法を奨める人がいるのでしょうか?


それは、短期間で目に見える成果を出さなければ認められないからです。
保護者の方は、成果を成績アップで見ますし、中学生のお子様も同様です。

さらに中学生のお子様の場合は、成果が早く出ないとやる気も無くしてしまいます。
そこで、手っ取り早く小手先のテクニックでの成績アップを狙うわけですね。


実は、このような勉強法を提唱する人達は上記とは別の大きな間違いを犯しています。


裏技や小手先のテクニックに走るということは、逆に言えば、
正当な方法(王道の方法)では、成績アップに時間がかかると思っているわけです。


しかし、実は学力を向上させる正当な勉強法でも、短期間での成績アップは可能です!


私は中学生の頃、何の裏技も知りませんでしたし、正当な勉強法を実行しましたが、
運営者情報で記載の通り、異常なほどのスピードでの成績アップをしています。
私が人の何倍も1日に勉強をする時間を取ったわけでもないのです。


王道の勉強法と短期間での超スピードでの成績アップは相反することではありません。


ですから、くれぐれも安易な勉強法に振り回されないようにして下さい。

それぞれの教科で必要な学力をしっかりと伸ばせるような勉強をして、
その上で、短期間に成績を飛躍的にアップさせることは充分に可能です。

目先の成績アップにだけ囚われないように注意をして下さい。

サイト運営者情報

このサイトの運営者である私は、小学生時代、ほぼ最下位あたりの成績でした。

中学生になってからは、自主的な努力によって、
学年順位の真ん中あたりまで成績アップをしましたが、
それでも、決して成績が良いとは言えない状態でした。

ところが、中学校2年生最後の定期テストで最悪な成績だったことがきっかけで、
私の生まれて初めての本格的な勉強に対する努力が始まりました。


その結果、わずか2ヶ月で学年順位は16位にまでアップしました。


この時点で、半田高校でさえも狙える可能性が生まれたのですが、
そこからさらに3ヶ月の努力の結果、7月上旬の実力テストでは、


遂に、学年順位1位を達成することが出来たのです。


何故これほどの短期間で驚異的とも言える成績アップが可能になったのでしょうか?
しかも、私はもともと勉強の出来る子供ではなかったにもかかわらずです。

さらに付け加えるならば、元々成績の良い生徒の勉強方法は、
現時点で成績が良くない生徒にとって役立つのでしょうか?


わかりやすく言えば、東大合格者が中学時代に行なった勉強法は役立つのでしょうか?


いきなりそれを真似るには、かなり難しいと言わざるをえないのではないでしょうか。
しかし、逆に成績が悪かった子の勉強方法では、尚更役立ちません。


大切なことは成績において底辺からトップに一気に成績アップした勉強方法こそ、
成績不振に悩む中学生には一番役立つと考えます。

ところが、私のような経験をした人は、世の中にいったいどれくらいいますか?

その意味からも、希少な勉強法(勉強方法)と、
その勉強方法をより効率よく成績や学力向上へと導くための勉強のコツは、
私のような経験者にしか伝えられないのではないでしょうか。

ちなみに、私の勉強方法と勉強のコツは、私自身によって実証されただけでなく、
私が勉強法やコツを指導した中学生たちにも、現時点では例外なく効果がありました。

つまり、私の勉強法やコツは、私と私の教え子しか知りません。
さらに、それを体系的にお伝え出来るのは、私以外にいまだ知りません。


私の伝える勉強方法や勉強のコツは、単なる小手先のテクニックではありません。


ある意味、王道とも言える勉強法で、信じられないほどの驚異的な成績アップが、
実際に可能になり、確かな実績もある勉強法とコツを私は知りません。

半田市の中学生には、その情報を提供することで、
少しでも役立ちたちたいと考えております。

私の情報を、半田市内の中学生は是非とも役立てて欲しいと思っております。